パーソナルデータの利用方法

Yahoo! JAPANは、お客様により適切な広告を表示するために、お客様から取得した以下のようなパーソナルデータを利用して広告などを配信しています。

  • Yahoo! JAPAN IDの登録情報
  • (生年月、性別など)
  • 広告配信時に取得する情報
  • (時間帯、おおまかな現在地、広告が表示されるページ、広告表示時に検索していたキーワードなど)
  • 広告配信前に取得した過去の履歴(※)
  • ①Yahoo! JAPANサービスの利用履歴
    (過去に検索したキーワード、閲覧したウェブページや広告、利用したアプリ、購入した商品、利用時間帯、地域、デバイスなど)
    ②広告主やパートナーサイトの利用履歴

※法令に基づく場合を除き、履歴を蓄積する期間は以下のとおりです。

  • 分析し、独自の基準で興味関心別に分類する目的のために蓄積する各種履歴:最大180日間
  • お客様が特定のウェブサイトを訪問された履歴に基づいて広告を配信する目的のために蓄積するページ閲覧履歴:最大2年

また、人種、宗教、性的指向、健康状態など、慎重に扱うべき個人に関するデータは利用しません。

行動ターゲティング広告の有効化/無効化

お客様は広告設定で、広告配信前に取得した過去の履歴を利用し、お客様の興味・関心を分析、推知して配信する「行動ターゲティング広告」の有効化/無効化を選択できます。

有効化すると、お客様の興味・関心を分析、推知して広告のマッチングを行います。

無効化すると、お客様の興味・関心を分析、推知した広告のマッチングを行わず、Yahoo! JAPAN IDの登録情報や広告配信時に取得する情報のみ利用、または何も利用しない広告が表示されます。

ただし、開発の一環として新しい配信方法のライブテストを行っており無効化されたお客様にも配信される場合がありますが、限定したテストに限ったものとなりますので、ご了承ください。

また、以下については広告設定ページでは設定できないため、各ページで設定してください。