Yahoo! DMPとは

Yahoo! DMPとは、広告主が、自らが保有するさまざまなデータと、Yahoo! JAPANの集計・分析されたマルチビッグデータを掛け合わせることによって、より効果的なマーケティング活動を行うことを可能とするプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)です。

Yahoo! DMPの特色

Yahoo! DMPを利用することで、広告主は、マーケティング活動の対象となる顧客群を抽出することができます。そして、Yahoo! DMPでは、抽出された顧客群に関する情報を、Yahoo! JAPANやその他の事業者(当該広告主を含みます)が提供するプラットフォームと連携(以下「情報連携」といいます)させることで、広告配信、メール配信、ページ最適化などを可能とする機能を用意しています。

お客様の視点からは、Yahoo! DMPを利用した広告が、Yahoo! JAPANによって配信されるもの、Yahoo! JAPAN以外の事業者によって配信されるもののどちらも、よりお客様の興味・関心に即したものとなる可能性があります。

Yahoo! DMPの無効化について

情報連携を希望されないお客様は、 このページ下部の「無効化」ボタンを押してください。

  • ※無効化における注意事項
    • ブラウザの設定で、クッキーの送受信が拒否されている場合は、情報連携の配信対象にはならないため、「無効化」ボタンが表示されません。
    • ブラウザを変更、クッキーを削除および新しいパソコンに変更された場合には再度無効化が必要となります。
    • 上記の「無効化」は、設定時以降の情報連携を停止するものです。「無効化」の設定以前に連携済みの情報は、上記の「無効化」の対象ではありません。
    • 「無効化」の設定以前に連携済みの情報の取扱いについて、無効化をご希望の場合は、連携先プラットフォームによりご対応方法が異なります。
    • 連携先プラットフォームがYahoo! JAPANである場合(Yahoo! JAPANによって配信される広告などへの情報の利用の無効化をご希望の場合)は、行動ターゲティング広告の無効化についてのリンクより、「無効化」の設定をしてください。
    • 連携先プラットフォームがYahoo! JAPAN以外の事業者である場合(Yahoo! JAPAN以外の事業者によって配信される広告などへの情報の利用の無効化をご希望の場合)は、それぞれの広告などに示されている方法によりお手続きください。方法が示されていない場合には、それぞれの事業者にお問い合わせください。